fc2ブログ

2010年・2012年生まれの姉妹のマイペースな子育てブログ

両親が絵が好きなので、私は小さな頃から美術館へよく連れてってもらいました。
ルノアール、モネ、ゴッホ、ミレー展などなど、今でも鮮明に覚えています。

学会でアメリカへ行った時も、ついでに美術館めぐりをしてきました。

いつの間にか『お部屋に絵がある暮らし』が好きになっていて、
結婚と出産を機に、自分の貯金から思い切って絵を買いました。
12022001
ダリと塙賢三の絵です。
思い切りすぎました(苦笑)
12022002
家に来たばかりの頃は、凄いパワーというか威圧感を感じましたが、
今ではすっかり我が家に馴染んでいます。
(古い官舎で、よく見ると部屋が汚いのはスルーで)

娘にも、色んな絵に触れ合ってほしくて、
近くにピカソの『ゲルニカ』が来た時も
家族3人で見に行きました。

本物と触れ合うと、感動が違うんですよね。
絵だけじゃなく、雪や海など色んなモノ全てに言えると思います。

そして後ろを振り返ると、さきほどのリビングと繋がっている子ども部屋。
12022000
こっちの壁は、リビングと対照的でびっくりするほど殺風景。
ここの部屋で、“ひよこ学級”を行っています。

壁面飾りの本を参考に、この壁にも季節を感じるものなど
壁面飾り
をしていこうかなぁと思います。
『子ども部屋は、カラフルにした方が良い』
と久保田カヨコさんも提唱されてますよね。
幼少期の目から受ける刺激によって、
色彩感覚が身につくのだとか。

娘にも、これから先、色んな本物と触れ合って
色んな事を感じ取ってもらいたいです。
2012.02.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://edimama.blog.fc2.com/tb.php/106-ed7c3530