2010年・2012年生まれの姉妹のマイペースな子育てブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
いつから『右』と『左』を習得していたのかは分かりませんが、
今朝、夫が娘に「右手挙げて」と言ったら右手を挙げ、
「左足上げて」と言ったら左足を上げ、
「右肩触って」と言ったら右肩を触っていました。
12031180
※ずっとやっているうちに、何度かは間違えていました(笑)

1歳9ヶ月で『左右を理解』している事は人並みかもしれませんが、
我が家では教え込んだわけではなく、いつの間にか習得していたので
今日は、その方法をご紹介しますね。

私は教え込むのが苦手でズボラなので、すっごく簡単な方法です!

実は、生まれた時からやっていた事として、以前の記事でも少し触れた事があります。

娘が生まれた直後の入院中から、沐浴時には
「右手を洗うね」「左足を洗うね」と必ず声かけをしていました。
入浴係を夫にバトンタッチした後も、声かけを続けてもらっていました。

靴や靴下、手袋を着けてあげる時も、
必ず『左右を意識した声かけ』を行っていました。
お散歩へ出かけた時も、いちいち「右に曲がりまーす」とか「左に曲がりまーす」と声かけしたり、
「右のほうに鳩がたくさんいるよー」と声かけしていました。

子どもは、0歳で自分の名前に反応するようになったりするので、
1年9ヶ月も毎日『右』や『左』を言い続ければ、嫌でも覚えるのかもしれませんね。

他にも『数字』や『色』なども、普段から少し意識して声かけしています。

左右が分かると、『右上げて、左上げて、右下げないで、左下げる』
といったゲームも出来るようになるので楽しいです♪

東日本大震災からちょうど1年が経ちました。

私達が住んでいる町は“震度5”だったので、一時外へ避難したり、
震災後は計画停電が行なわれる程度ですみましたが、
以前、研究で大槌町の方や釜石の方々には大変お世話になった事があって、
被災地の方々の事を思うと、やるせない気持ちでいっぱいになります。

そして、今日あらためて特集番組で被災地の様子を見ると胸がつまり、
私は、震災直後は義援金など積極的に送金していたのに、今は続けていないので、
小さな支援でも続けなければ復興につながっていかないなと改めて感じました。
2012.03.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://edimama.blog.fc2.com/tb.php/140-70acaef1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。