fc2ブログ

2010年・2012年生まれの姉妹のマイペースな子育てブログ

以前の記事で、『出産後に役立ったものランキング』を紹介したので、
今日は『出産前に役立ったものランキング』を紹介しますね。

第1位 安心マタニティブック

これは、私が第一子妊娠時に毎日読んでいた本です。
10月10日分、1日1日の赤ちゃんやママの様子がビックリするほど詳しく書かれています。
そして、簡単な日記書く欄もあるので、写真を貼ったり日記を書いたりして自分で作り上げていく本です。
後ろにはエコー写真を貼るページや、パパやママへの質問など色々あります。
私は毎朝夫と読んで、2人で出産まで赤ちゃんの成長を楽しみにしていました。
第二子妊娠の今は、二冊目を購入しちゃったほどです♪
この本は、将来子供達が親元を離れる時に手渡したいと思っています。

第2位 妊娠線クリーム

私はTHE BODYSHOPのボディバターを使用していました。
たまに1500円でセールしている時に、モッカンローズ等まとめて購入していました♪
クリームは、お腹が出て来た4ヶ月くらいから使い始めました。
出産前に実家に帰ってから、少しお手入れを怠っていたら、
最後の最後に妊娠線が出来ちゃったという失敗をしてしまったので、
この記事を読んだプレママの方々には、同じ失敗をしてほしくないです。

第3位 3way授乳クッション

お腹が大きくなるにつれて、どんどん寝苦しくなってきます。
実は、前回の妊娠ではずっと、抱き枕が欲しかったのに買いそびれちゃったんです。
今回こそは、そろそろ購入しようと思っています。
抱きまくらだけでなく、授乳クッションにもなる、お座り用クッションにもなる3wayが断然便利♪
新生児の授乳は、授乳クッションがあると、はるかに授乳が楽になりますのでオススメです♪

第4位 マタニティージーンズ

最近は、ジーンズのようなレギンスの『レギパン』が人気らしいですね。
妊娠5ヶ月から徐々に手持ちのジーンズが入らなくなり、
最初は、マタニティー用のウエストベルトを使用していましたが、
使い勝手が悪くなり、マタニティー用のジーンズを買いました。
やはり、お腹を締め付けない洋服を着て、少しでも体をいたわってあげたいものです。

第5位 葉酸
妊娠初期に葉酸を摂取することで、神経管奇形の赤ちゃん の発生を防ぐことが報告されています。
私は、『ピジョンサプリメント 葉酸プラス お徳用2ヶ月分』を愛飲していました

厚生労働省は、葉酸について、妊娠が予定される女性は妊娠の1か月以上前から妊娠3か月までの間、通常の食事から摂取する以外に、1日400マイクロ・グラム(1マイクロ・グラムは100万分の1グラム)摂取するよう推奨しています。 
サプリメントから取る人は多いですが、過剰に取ると胎児に悪影響を及ぼす可能性が指摘されていますので、
食事以外に、1日1ミリ・グラムを超えないよう注意が必要です。
国立健康・栄養研究所によると、葉酸を取りすぎた場合、自身が発熱やじんましんなどを起こしたり、生まれた子どもがぜんそくになったりするリスクが報告されています。


第6位 プルーン
私が妊娠中に悩まされた事は、『便秘』と『貧血』でした。
これらを解消するために調べたら、プルーンが
『便秘』も『貧血』も解消してくれるという事が分かりました。

私は、濃縮エキスを食べていました。
便秘は、野菜や水分をたくさん摂取したりも合わせて実施して
だいぶ解消されたのですが、貧血は治らずサプリメントまで飲んでいました。
オリゴ糖なんかも、便秘には良いみたいですね。
それでも酷かったので、結局病院で鉄分の薬を処方してもらいました。
後から知ったのですが、鉄のサプリメントは吸収率が低いそうです。

第7位 トコちゃんベルトと授乳用下着

体付きがどんどん変わるにつれて、腰痛が出てきたりします。
私は、元々腰痛持ちだったので、ネットで調べたら
『トコちゃんベルト2』
が良い事を知り、妊娠中期に購入して
だいぶ楽になりました。
下着も、なるべく締め付けないものを選んでストレスを軽減させました。
授乳期に使用する下着を早目に購入すると長く使えるのでオススメです♪

第8位 ハーブティー

ハーブはノンカフェインなので、妊婦さんでも安心ですが、
妊娠中、流産などを引き起こす危険性から摂取を避けた方がよいハーブもありますので注意が必要です。
↓避けたほうがよいハーブの一覧も記しておきますね。↓
アーババイティー、アロエ、アンジェリカ、イヌサフラン、エニシダ、
オレガノ/マジョラム、クサノオウ、シナモン、セイボリー、ジャスミン、
ジュニパー、シロバナワ、セイヨウメギ、セイヨウヤドリギ、セージ、
セントジョーンズワート、タイム、ツーヤ、ナツシロギク、ナツメグ、
ニガヨモギ、バジル、バレリアン、ヒソップ、ヒドラスチス、
フィーバーフュー、ブラックコホシュ、ブラッドルート、ペニーロイヤルミント、
マグワート、マテ、ミルラ、ヨモギギク、ルイヨウボタン、ローズマリー
などです。


第9位 ペットボトル用ストロー&キャップ

これは、市販のペットボトル(500mL専用)に取り付けられるキャップ付きのストローです。
私は、病院で出産するまでとても役立ちました。
出産間近になると、ペットボトルの蓋を開ける元気もなくなってくるので、
ワンタッチで開けられて、寝ながらでもこぼさずに飲めるので便利です♪
私は、スポーツ飲料を持って出産に臨みました。

第10位 ハードタイプのグミ
こちらは、番外編です。

妊娠後期、とにかく硬いものが食べたくて食べたくて仕方がなかった時がありました。
ネットで調べたところ、貧血の人が氷などの硬いものを食べたくなる症状は、
氷食症なんですって。
確かに、妊娠中は貧血でした。
そこで、硬いものを食べたくて仕方がない私は、いつも冷凍庫に常備していたものがあります。
ただのハードグミを、更に硬くするために、冷凍庫で凍らせておくんです。
すっごく硬くなるし、長持ちするし良いです♪
グミはコラーゲンも入っているので、お肌にも良さそう。
HARIBOや、カッチェスや、シゲキックスのハードタイプグミもオススメです。
硬いものが食べたくなったら、是非試してみてくださいね♪

妊娠中は、体の変化も大きく、それだけ体への負担も大きくなっているので、
少しでも快適に過ごせるように、便利グッズに頼ったりしてみるのも良いと思います。

人生で、そう何度も経験できるわけではない貴重なマタニティーライフが素敵な時となりますように♪
2012.04.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://edimama.blog.fc2.com/tb.php/190-6f975731