fc2ブログ

2010年・2012年生まれの姉妹のマイペースな子育てブログ

昨日は、娘を2歳になる前に初めて歯医者へ連れて行きました。
1歳半の時に歯科検診があったので、半年ぶりの検診でした。

虫歯は無かったので、歯磨きとフッ素塗布をしてもらって終了。

家では、洗い流さなくても良いタイプの歯磨きジェルを使っていたので、
“うがい”の練習をした事が無かったのですが、
そろそろお風呂で親と一緒に練習するように言われました。

また、糸ようじを使って歯間掃除すると良いことも言われました。

虫歯が無かったので、フッ素塗布は半年に1度で良いけれど、
これから先の虫歯が心配ならば3ヶ月に1度でも良いとの事。

とりあえず、虫歯や汚れが無くてホッとしました。

すっかり前置きが長くなってしまいましたが、
歯科クリニックのキッズルームには魅力的な知育玩具や絵本が沢山ありました。

しまじろうも置いてあったし、ザッと見たところ良質な知育玩具だらけだったので、
おそらく歯医者さんの子供が使っていたんだろうなと思います。
オモチャの種類やメーカーで、教育熱心な様子と裕福さを感じました(笑)

私の方がずっと居たかったキッズルームでしたが、
その中で珍しい物を見つけました。

『ひもあそび しかけえほん』シリーズです。
『あそび』、『かず』、『いろ・かたち』『はんたいことば』編が置いてありました。


以前から、計算ドリルである『ラーニング ラップアップ』『BorneLund (ボーネルンド) ラップアップ』は知っていて
面白い知育教材だなと思っていました。


これらは、プレート1枚1枚に問題が書かれていて、
問題と答えを紐で巻きながらつなぎ合わせて
12050201
終わったら、裏をひっくり返すと正解が書かれています。
12050202
答えが間違っていると、紐の巻きつけ方が正解の図とズレるので、
親がついてなくても、子供自身で簡単に答え合わせもできる教材なんです。


アプローチが面白いですよね。
元々、アメリカの子供達に親しまれてきたドリルなのだそうです。
今日は、ちょっと珍しい知育教材の紹介でした。
2012.05.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://edimama.blog.fc2.com/tb.php/204-674c5973