fc2ブログ

2010年・2012年生まれの姉妹のマイペースな子育てブログ

半年ぶりに東京の祖父母宅へ遊びに行ってきました。
祖父は90歳、祖母は87歳で健在です。

祖父母からも、娘が生まれてから色んな学ぶことが沢山あります。
子育ては女中さんに任せてたようなので、細かい話は参考になりませんが・・・。
そんなわけで、今日は祖父母から学んだ事の備忘録を。

以前の記事にも書いた『怒らない育児』(※リンク参照)を実践してきた祖父母なので、
その怒らない育児を受けた子供達(つまり、私の父と叔母)のその後を知っている私は、
真似して『怒らない育児』を実践しています。
※何度も言いますが、悪い事をした時に放置するわけではありません。

他にも、食生活についても考えさせられます。

2人とも昔から決して粗食というわけではなく、『好きなもの美味しいものを食べる』というスタンスで、
朝食にはローストビーフ、ランチではラーメンや海老フライを食べていたりしているのを見ると
『粗食が長生きの秘訣』を覆しているように思えてなりません・・・。
祖母の姉も健在で、これまた好きな食べ物がお肉やステーキなんですよね。
『食生活は健康と結びついている』と思っているけれど、
そんなわけで、何だかモヤモヤする部分もあります(苦笑)

祖父母は2人とも穏やかで、娘も全く人見知りせずに沢山遊んでもらいました。
一緒に住んでいる叔母は、自分のこども達(つまり従兄弟)を2人とも
幼児教室や色んな習い事に通わせて幼稚園受験や小学校受験もさせた経験もあるせいか、
娘への接し方、遊び方も少し違っていて、とても新鮮でした。

私は、そんな幼児教育・早期教育を行われてきた2人の従兄弟の成長を知っているので、
(従兄弟は今はもう30歳近くです)
『幼児教育のメリット・デメリット』を少しは把握しているつもりです。

私の父も、そんな諸々を知っているせいか、
「やり過ぎにはならないようにね」と言ってきます。

幼児教育の弊害とか聞きますが、
結局のところ、親の与え方・やり方次第だと私は思います。
子供にストレスがかかるような場合は、プラスの効果が発揮されにくいと思うので、
私は嫌がる事は無理にはさせないようにしています。
自分の育児でも、ひよこ学級でも。

『時代が違えば育児法も変わる』というけれど、変わらない部分もあるわけで、
年の功というように、お年寄りから学ぶべき事は色々とありますね。
2012.06.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://edimama.blog.fc2.com/tb.php/232-6873aa34