2010年・2012年生まれの姉妹のマイペースな子育てブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
2歳っ子ママさんへ

ご訪問&コメントどうもありがとうございました。

お返事のコメントが長くなってしまい、エラーが出てしまうので、記事にコメントを貼り付けさせてもらいました。

> 他の子と比べても意味がないとは思いつつ、悩んでいます。

この一文、とても分かります。
いつもは楽観的な私でさえ、言葉の面では本当に悩みました。
『女の子は早い』と言われ、確かに周りの女の子は早くて3語文を喋っている中、うちの子は2歳の頃、リンゴもイチゴも「ご」でした。
ミカンは「み」、バイキンマンは「ば」など一文字しか発しないものばかりで、話せる単語は「バイバイ」「ワンワン」「にゃーにゃー」「ブーブー」「ママ」「パパ」「じーじ」「ばーば」「アンパンマン」くらい。
うちも完全に話せる単語は10語程度でした。

2歳すぎて、少しずつ亀のようなペースで、一文字しか発しなかった単語が「リンゴ」などと言えるようになってきました。

それが、2歳4ヶ月の時に里帰り出産で実家に帰ってきたのが、おそらく本人の中でスイッチとなって、一気に言葉が次々と出るようになりました。
2歳7ヶ月の現在では、一日中うるさいくらいにずっと喋り続けています。

私が保育士さんなどの相談でよく言われていた事は、
『周りの言っている事がある程度理解できていたら、3歳くらいまで様子を見てください』という事でした。

これは私の主観ですが、絵本の読み聞かせや語りかけをいくらやっても、その子の“言葉のスイッチ”が入らなければ、言葉は出てこないんだなと思いました。
(自分で言うのもなんですが、読み聞かせや語りかけは人並み以上にはやっていたつもりです)
でも、絵本の読み聞かせや語りかけは、インプットするにはとても大事だと思います。
いつかアウトプットするためには、ボキャブラリーが豊富でなければ言葉はどんどん出てこないと思うので。

2歳なりたての段階で言葉が少なくても、周りが言っている言葉をある程度理解していれば(気にしなくてもと周りから言われても気にしちゃうと思いますが)、言葉の爆発まであたたかく見守ってあげてみてはどうでしょうか。

私は、一時期子どもの前で「言葉が遅い」という事を漏らしていて、ある時漏らしていたら娘の顔を見てハッとして(子ども自身も気にしていたと思うので)、それ以後は、あまり言わないように気をつけました。

言葉が遅くても、他の面で優れた所がきっとあると思いますので、良い所をどんどん見つけて褒めてあげていると、だんだん吹っ切れてくるかもしれません。
私も、悩みすぎて疲れたのですが、他の面で良い所もいっぱいあるから大丈夫!と言い聞かせて吹っ切れました。

あたたかく穏やかに見守る事は、簡単そうで難しいですよね。
でも、スイッチが入って喋り始めたら、すぐに周りに追いつきますよ(^^)
今では「ゴン(犬)ちゃんはね、いっぱい食べないと大きくなれないから、ちゃんとご飯を食べてね。赤ちゃんは、歯がないから食べられないんだよ。おっぱいとミルクだけなの。」
とか、大人のように喋っています(^^)
半年前の一文字しか発しなかった事が嘘のようですよね。

育児って、ある程度の見通しがあれば、どーんと構えていられるとは思うのですが(2人目育児がそうであるように)、先が分からないから不安になったりするんですよね。

でも、一日一日の小さな成長に喜びを感じているうちに、気の持ちようで不安を安心に変える事もできます。
これからも色んな不安や悩みも出てくると思いますが、1人で悩んでいて苦しくなってしまった時には、周りに吐き出しちゃっているうちに、色んな体験など聞けて気持ちが楽になる事もあるかもしれません(^^)

少しでも2歳っ子ママさんのお気持ちが楽になったら嬉しいです。
コメントどうもありがとうございました。
2013.01.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://edimama.blog.fc2.com/tb.php/416-6c455ed6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。