2010年・2012年生まれの姉妹のマイペースな子育てブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
この話は、私が生まれて初めて育児で悩み続けた時の話です。
我が家と同じように転勤などの環境の変化で、
お子さんの変化に悩まれている方の気持ちが
少しでも楽になれば…と思い記事にします。

夫の仕事の関係で、昨年の2学期(年中)に転園した長女。
転園前は明朗活発で、自分から知らないお友達の輪に入って行ったり、
発表会でも一番大事な役をやったり、模範生のような子でした。

しかし、生まれて初めての大きな環境の変化に娘は付いていけませんでした。
すっかり消極的になってしまい、それは行動にも現れました。

・ご挨拶をしない。(握手はするが、無言)
・朝、幼稚園に着いて号泣。
・簡単な指示に従わず、突っ立っている。
・お歌を歌わない。
・工作をやらない。
・お弁当を一口も食べない。
・聞かれた事に答えない。
…などなど。

端でお人形さんのように突っ立っている事が多かった娘。
特に2学期は、幼稚園行事が多く大変でした。

運動会は、ずっと先生に手を引かれている。
突っ立ったままで、1人になると泣く。

遠足でも泣いて、先生に手を引かれながら。
お弁当もお菓子でさえも一口も食べない。

市民ホールでの音楽会でも、顔を隠して立っているのがやっと。

発表会の合奏や合唱は顔を隠して立っていた。
劇では、同じ役のお友達に手を引かれながら出たり引っ込んだり。

…と、夫はアメリカへ単身赴任でいないし
私までもが辛くなってしまって、心が折れそうになっていました。

そんな中でも、自由時間はお友達と楽しそうに遊んでいるし、
毎朝泣いても「幼稚園を休みたい」と一度も言わなかった娘。

そんな娘の一面と、先生方と幼稚園の新しいママ友達に
私は随分救われたのでした。

〜続く〜

最後まで、ブログを読んでくださって有難うございます。
↓クリックしてもらえると、更新のはげみになるので嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

今では考えられないくらい元気いっぱいで、
先日の家庭訪問でもお褒めの言葉ばかりいただき、
娘の成長に先生と涙ぐんでしまったほどです。

根気よく暖かく見守ってきて良かった…。
2016.04.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://edimama.blog.fc2.com/tb.php/610-96415ddb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。