2010年・2012年生まれの姉妹のマイペースな子育てブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日、『一日でおむつがはずせる』方法 〜前編〜を書いたので、今日は後編を書きますね。
一日でおむつがはずせる一日でおむつがはずせる
(1984/12)
N.H.アズリン、R.M.フォックス 他

商品詳細を見る

※この本は絶版になっているようなので、
かいつまんで方法を紹介していきたいと思います。

※あらかじめ、トレーニングに集中できるように、テレビは消してオモチャは片付けておく。

【トレーニング方法】
1.人形を便器に連れて行って、飲み物を飲ませ、
パンツをおろし、便器に座らせて人形におしっこをさせる。
2.人形におしっこさせたら、大いに褒めてお菓子をあげる。
子供には、「自分でおしっこして、お菓子もらう?」と聞いて、うなずいたらお菓子をあげる。
3.人形のパンツを子供と履かせて、便器の中身を一緒に捨てる。
4.人形のパンツを触らせて、「パンツ乾いてるの偉いね」
と褒めてあげて、ご褒美にお菓子をあげるよう指示する。
5.続いて、子供のパンツが乾いているか確認させて、乾いていれば褒めてお菓子をあげる。
2,3分間隔で3,4回繰り返す。
6.子供が見ていないところで、人形のパンツを濡らして、
「人形ちゃん、ダメよ!練習しようね」と、もう一度子供と一緒に一連の作業をさせる。
7.1時間くらい流れを繰り返して、人形実演で理解させる。
同時に、子供にも、パンツチェックをさせる。
8.子供の尿意を促すために、1時間あたり少なくとも200mlは飲ませる。
9.人形実演が終わったら、子供にも15分間隔で便器に座らせるようにする。
練習開始後の数回は、10分くらい座らせておく。
おしっこをしたら、大いに褒めてあげる。
1度でもちゃんとしたら、次からは座らせておく時間を5分程度にする。
10.トレーニングが進むにつれて間隔を開けて回数を減らしていく。


【褒め方のポイント】
言葉で褒める
お菓子を与える
飲み物を与える
喜んでくれる人たちリストをうまく使う
抱きしめる、撫でる、微笑みかける、拍手する


子供が自分で便器でおしっこするようになったら、褒める事をやめ
今度はパンツが乾いている時だけ褒めるようにする。

ようするに、
*おしっこは便器にしなければならない
*パンツにおしっこしてはいけない
という事を習得させる。


【その他】
*うんちのために特別にトレーニングを行う必要はない。
うんちをするときは、たいていおしっこも一緒で、
おしっこはしないで大便だけするということはめったにないから。

*2歳半以下のお子さんの場合、
夜はオムツをはかせても良いが、昼間はオムツを履かせないこと。

春になったら『おむつはずし』を試してみようかなと思っています。
この本も一部参考にしながら、挑戦してみようかな。

卒乳の時も、言い聞かせ効果と絵本効果が大きかったので、
早速絵本を買ってみました。
『ゆっくとすっく トイレでちっち』


おまるは、コンビのものを購入。

おまるとして使わなくなっても、
踏み台と補助便座として使えるから便利です。

今はまだトイトレ始めてないから、
洗面所で、娘用のステップとして大活躍しています♪
2012.01.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://edimama.blog.fc2.com/tb.php/84-ddf7c7ea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。